エストニアライフ

電子国家の通信事情に迫る! エストニア現地SIMカードを徹底解説

エストニア、SIM、Wi-Fi

今回はエストニア旅行の必須アイテム・現地SIMカードについてご紹介。エストニア、なんといってもSIMカードがとても安いんです!やり方さえ理解すれば簡単に使用することができるので、ぜひエストニアに旅行予定の方はこの記事を読んだ後に現地でお買い求めを!では早速チェックしていきましょう。

現地でSIMを買うことは勇気のいること!?

SIMカードを現地で購入するって勇気がいりますよね。

通じなかったらどうしよう。法外な料金を請求されたらどうしよう。どこで買えばよいのかわからない…。様々な不安が取り巻きます。そんあ不安からついつい高額とわかっていてもWi-Fiのレンタルサービスを利用してしまう…、なんて方も多いのではないでしょうか。

 

ご安心ください。

 

この記事ではエストニアを旅する全ての日本人がSIMカードを現地で安く、素早く、快適に調達する方法を徹底解説します。

正しい情報さえ抑えておけば、何も心配することはありません。

そもそもエストニアは「国中Wi-Fiが繋がる」なんて宣伝されていますが、全然そんなことないです。(笑) 街なかですら怪しいぐらいで、郊外は全然通じません。

一方でSIMカードを購入さえすれば、サクサクのネット環境で気持ちよく作業や連絡を取ることができます。

それでは早速そんなエストニアのSIMカードを現地で購入するメリットを見ていきましょう。

SIM現地購入のメリット

値段が圧倒的に安い

最大の理由はこれですよね。日本の空港でWi-Fiを借りると下手したら数万円するところを、わずか1,000円ちょっと

その浮いたお金で美味しいもの食べたり、少し遠出して観光できたら更に楽しいこと間違いことなし!データ通信という欠かせないものだからこそ、現地での通信網も揃っているんです。そもそもヨーロッパ人の旅行者で、モバイルルーターを持ち歩いている人見たことない

Taxifyなど現地のサービス使えるようになる

現地サービスを利用する際は、SMSを使った認証をすることが多いのですが、日本のSIMカードだと海外でSMSを受信できなかったり、受信できたとしても高額だったりと何かと使い勝手が悪いです。その点現地SIMであれば、驚くべきほど簡単に電話番号を取得することができるので、Taxifyなどの現地サービスも簡単に登録することができます。

値段が圧倒的に安い(2回目)

大事なことなのでもう一度言います。エストニアのSIMはとても安いです。
今回ご紹介するSuperの場合は、1GBあたりの通信料金が、約78円〜。日本のキャリアに比べても遥かに安い…!

勿論スマホ無しのデジタルデトックス旅も楽しいですが、やはり現代の旅にスマホは欠かせないもの。そんな魔法のアイテムSIMカードを約1,170円で調達できてしまうというのは、かなりコストパフォーマンスが良いと思っています。

料金プランについてはこの後たっぷり解説いたします!

 

キャリアはSuperで一択

エストニアにはTele2ElisaSuperなど様々なキャリアがあるのですが、この記事ではぼくのオススメ Super を取り上げたいと思います。(予めお断りしておきますが、ぼくはこの記事に関してSuperさんから報酬を受け取っているワケではありません。いや、貰えるなら欲しいけど…。)

「super.ee logo estonia」の画像検索結果

Superは大手キャリアTeliaが手がけるブランドで、その利便性の高さから観光客のみならず、ローカルにも人気です。その理由は以下の通り。

英語対応

他キャリアだとエストニア語/ロシア語のみ対応のキャリアも多いのですが、Superは英語にも対応しています。英語が苦手な方でも、エストニア語よりは理解できると思います。(笑)

激安

SuperSIMカード代金1ユーロ+8ユーロのチャージで通話/SMS実質無制限、データ15GBと激安。勿論4G回線で、サクサクです!

チャージ(TopUp)が簡単

後述するR-Kioskや、スーパーマーケットでいつでも簡単に購入/チャージすることができます。

下手に他キャリアを買ってしまうと、買ったもののチャージ方法がわからない、無駄にお金が掛かってしまったなどトラブルも付き物。その点、Superだとシンプルなフローになっているので心配ご無用です。

どこで買えるの?

さて、ここからは肝心の利用方法について言及していきたいと思います。まずはSIMカードの購入場所。

飛行機で到着した場合

到着ロビーに出て、右側に進んでいくとR-Kioskがあります。SIMカードを購入する人が最も多いスポットなので、店員さんも慣れていてオススメです。

R-KioskUlaelu.comより引用

 

バスで到着した場合

タリンのバスターミナルの建物内に、R-Kioskがあります。(バスタ新宿とかと違って建物自体とても小さいのですぐ分かるかと思います)

空港と同じく、SIMカードを購入する人が最も多いスポットなので、店員さんも慣れています。

フェリーで到着した場合

ターミナルA、ターミナルD両方にR-Kioskがあります。営業時間が若干短めなので注意しましょう。

街中で購入したい場合

街中では、上述したR-Kioskに加えて、RimiMaximaSelverStockmannなどのスーパーマーケットで購入・チャージすることが可能です。店舗によっては取扱していないこともあるので、まずはレジのおばさんに聴いてみましょう。またViruなどにあるTeliaの旗艦店で購入・チャージをすることも可能です。

ただスーパーの店員さんに多い高齢のエストニア人は、英語が苦手な方が少なくなく、コミュニケーションに苦労することが正直多いです。中には英語で話しかけると凄くイヤな顔をする人も

イヤな気持ちになりたくない!という方は、観光客慣れしている空港やバスターミナルのR-Kioskで購入することをオススメします!

料金は?

初めてSIMを購入する際は、1ユーロのスターターキット+3ユーロもしくは8ユーロ分のチャージ(TopUpの両方を購入する必要があります。

日本のように後から請求が来るプランもありますが、今回ご紹介するのは前払い、つまり「プリペイド」方式です。

以下細かく解説していきたいと思います。
※この記事では1EUR=130JPYとして計算しています

スターターセット

1ユーロのスターターキットには、SIMカード本体+通話可能な電話番号+50MB分のデータがついてきます。すぐに使い果たしてしまうのでこれに加えてデータをチャージする必要があります。スターターキットは以下の写真のような形で各所で販売しています。

エストニア SIMsuper.eeから引用

トップアップボーナス

スターターキットに加えて、データを購入するためのお金をアカウントにチャージする必要があります。その際、ちょっとややこしいのですが、まずチャージ(トップアップ)をするとその時点で以下のボーナスをゲットできます。

3ユーロのトップアップボーナス
通話50回
SMS200通
データ1GB
8ユーロのトップアップボーナス
通話130回
SMS500通
データ5GB

 

データプラン

これは当たり前ですが、チャージした額面だけ、データを購入することができます。

1GB2 EUR
3GB3.99 EUR
5GB5 EUR
10GB8 EUR

少しトリッキーなので整理すると、

お金をチャージできる単位1ユーロ、3ユーロ、8ユーロ
データを購入できる単位2ユーロ~8ユーロ

といったイメージです。うーんややこしい。

ですので、おとなしく1EURのスターターキット+8EURのトップアップを選択することをオススメします。15GBあったら途中で容量不足になることもないでしょうし、安心ですね!

つまり、9 EUR (約1,170円) で、

通話130回
SMS500通
データ15 GB

使えることになるんですね。

 

いやー安い。

 

エストニア、生活費、コスト
移住希望者必見!エストニアの1ヶ月あたりの生活費 エストニアに移住する前、最初に考えていたのが、「日本より物価が安い国で生活したい!」 …そんな期待は淡くも打ち砕かれることになると...

 

購入~開通する際の流れ

購入

まずはスーパーマーケットもしくはキオスクのレジに行き、店員さんに話かけましょう。

I would like to buy Super SIM card and also wanna top up for 8 EUR.

みたいな感じで言えば、英語が分かる店員さんであれば通じます。英語が不安な方は、この記事内に登場するSuperのロゴをスクショしていけば確実かと思います。(笑)

このとき身分証の提示等はいりません。驚くべきほど簡単に購入することができます。

購入に成功すると、スターターキットと、十数桁の番号が書かれたレシートが渡されます。

SIMカードの交換

まずはベンチなどゆっくりできる場所などで、スターターキットからSIMカードを取り出し、自分のスマホにあったサイズで切り出しましょう。(切り取り線があるのでハサミは不要です)

次にご自身のスマホからSIMを抜いて、Superのものと取り替えましょう。

なお、SIMトレイを抜くためのピンは同封されていないので、日本からSIMを保管できるケースと一緒に持っていくことをオススメします。帰国後日本のSIMを失くしていた、なんて悲惨なことを防ぐために

開通&チャージ

SIMトレイに挿入して、SIM解除用のPINコード「0000」を打ち込むと、回線が開通するかと思います。

そこまでできたら、レシートにかかれている*から始まるなが~いコードを、通話の発信画面から打ち込んで、電話をかけましょう。成功すると、SMSが送られます!みたいなメッセージが届くと思います。

入力の際は、最後の#を見落としがちなのでご注意を!

購入金額分のチャージ

その後super.eeにアクセスして、所定の電話番号に発信してログインすると、チャージの結果が確認できます。(ログインの仕方が特殊!)

この時点では、トップアップのボーナス分しかチャージされていないので、5GBと表示されるはずです。更に10GB分チャージするためには、Services⇒Buy Data Plan から8ユーロ(10GB)のプランを選択して既にチャージしている金額から購入(Use the account balance)すると、残容量が15GBに増えるかと思います。

なお、このログインページからはデータの残量を確認できるので、使いすぎかな?と思ったら確認することも可能です。長期で滞在するという方は、アプリからの確認・チャージが便利。ぼくはアプリ愛用者です。

2回目以降は、スターターキットを買う必要は無いので、ただ単にチャージしたいんだけど、と店員さんに言えば、同じようにレシートを発行してくれます。

注意点

購入時の台紙を保管する

箱の中に初期のピンコード(2つ)と、パスワードを忘れたときにPUKコードが記載された台紙が同梱されています。この番号は忘れると、パスワードを紛失した時やSIMカードのロック解除に失敗した時に復旧できなくなってしまうので、写真を撮るなどして保管するようにしましょう。

渡航前にSIMフリーであることを確認するor手続きする

日本を出る前に必ずご自身のスマホがSIMフリーであることを確認してください。(SIMフリーでない場合も、最近の機種であれば約3,000円の追加料金を払うだけでSIMフリー化できることが多いです)

SIMカードを収納できるケースを持っておく

上述した通り、SIMカードを差し替えると、日本のSIMカードを保管する必要があります。失くすと面倒なことになるので、日本のSIMの収納ケース、そしてSIMカードを取り出す用のピンを忘れずに持参しましょう。

エストニア国外で利用したい場合は、現地での再購入がオススメ

Superは海外でローミングをすることも可能です。ローミングを希望する場合は、エストニア滞在中に、*148#に電話をかけてローミング機能をオンにした上で、必要十分な額をトップアップする必要があります。これを忘れるとエストニア国外ではうんともすんとも言わなくなるので注意しましょう。

ただし1GB=約7ユーロとかなり割高になるので、基本的には現地で再度SIMを購入することをオススメします。

まとめ

もうおわかりいただけたように、エストニアのSIMカードは驚異的に安く、そのやり方さえ事前に抑えてしまえば、何も心配することはありません。

日本もこれぐらい安くなればいいのに…、と思っていますが、まだまだそれは先の未来になるでしょう。

節約できるところは賢く費用を抑えて、その分エストニアでたくさん遊びましょう!

 

ESTONIA HOLIC -仮想移住体験型コミュニティ-
Estonia Holic

 

コオロギラーメンやふんどし選手権…。こんなにユニークなイベントはエストニアにはなかなか無いですが、このブログでは書けないエストニア裏事情や、Alexの現地生活での心境の変化を、オンラインサロン限定公開しています。

日本在住エストニア人との交流や、エストニア文化体験などのオフラインイベントも盛りだくさん。エストニアのことをもっと主体的にインプット・アウトプットしていきたい!という方のご参加、お待ちしています。

エストニア仮想移住体験、してみませんか?

Join!!

 

 

ABOUT ME
アバター
Alex
SetGo Co-founder / エストニアe-Residency公式ライター エストニア在住。 2016年に世界一周に挑戦し、外資系コンサルティングファームEYを経て、2018年5月よりエストニアへ。現地では、オンライン本人確認サービスを提供している現地スタートアップ・Veriffに参画。その後、ブロックチェーンスタートアップ・blockhiveのメンバーファームとしてSetGo Estonia OÜを設立。Co-founderとして、e-Residencyと連携したサービスを提供している。