仮想移住体験型コミュニティはこちらから!
e-Residency

エストニアのスタートアップを仮想的に視察できるイベントが東京で開催!-Estonia Virtual Startup Tour-

エストニアのスタートアップを仮想的に視察する「Virtual Startup Tour」を東京にて開催します。今回視察する企業はエストニアのスタートアップ界隈だったら誰もが知っている企業たち。そんなイベントの詳細をご紹介したいと思います。

どうして開催するの?

Skypeを生んだ国として有名な同国は、これまでに4社のユニコーン企業を生み出しています。エストニア人にとって、スタートアップに就職することはリスクを取るものではなく、むしろ名誉であること。今日では名実ともにスタートアップ大国として、世界中から注目を浴びています。事実、ここ数年は日本からも毎日のように視察団が訪れエストニアの企業たちを視察しています。

しかし、すべての「視察」がうまくいっているわけではありません。

過度に報道される情報を鵜呑みにして、期待値が高すぎる状態で視察をしてミスマッチが起こったり、観光気分でスタートアップを訪れて、実のある商談にならずにエストニア人からひんしゅくを買ったりと、問題が多数あることも事実です。ぼくは現地で視察をコーディネートする側としても、受ける側としても、課題意識を覚えていました。

そんな状況を少しでも改善したい。自分にできることはなんかのか、と考えた時に考え付いたのがこのバーチャルスタートアップツアーでした。

 

どんな内容なの?

まずは事業モデルをしっかり理解するために、日本人のファシリテーターが日本語で事業概要をお伝えします。

その後匿名かつ挙手をせずに質問できるSli.doというサービスを使うことで、ファシリテーターが代表で質問をしながら、より深いレベルでの質疑応答・ディスカッションを行う。その中でビジネスの機会を見出した本気の企業さんにのみ、実際にエストニアに足を運んでいただき対面でのミーティングを実施していただければ、と思っています。

エストニア企業にとっても、数人のグループに10回説明するよりかは、まとめて1度に説明できたほうが遥かに効率的だと思いますし、質疑応答が苦手な日本人でもSli.doを使えばある程度活発なディスカッションが期待できるのでは、と考えています。

 

どんな企業が参加するの?

参加企業は、オンライン本人認証サービスを提供しているVeriff、政府機関であるスタートアップエストニア、コワーキングスペースLift993社です。

Veriff(ベリフ)

オンライン本人確認サービスを提供しているFintechスタートアップ。2018年にY Combinatorから7.7M USDを調達し、いまエストニアの中でも最も勢いがある企業の一つ。CEOのKaarel氏はわずか24歳。

Startup Estonia(スタートアップエストニア)

スタートアップの立ち上げ、誘致、グロースを支援する政府機関。エストニアスタートアップのデータベースや、スタートアップビザプログラムを提供しており、外国人企業家を積極的に誘致している。

Lift99(リフトナインティーナイン)

名実ともにエストニアNo.1の地位を手にしているタリンのコワーキングスペース。エストニアスタートアップシーンのハブとしての役割を担っており、起業家の卵たちがデスクを並べている。連日有力スタートアップが開催するイベントで盛り上がっている。

 

日本とエストニアの関係性って?

彼ら自身は、エストニアに多くの外国人が訪れることはウェルカムです。経済的なメリットは大きいですし、130万人の小国が注目されることは喜ばしいことでしょう。一方で小国である彼らは最も効率的なやり方でビジネスに向き合おうとしています。したがって本当にビジネスに結びつきそうな商談の機会を探っています。

上述したように最近では、「視察をすること」が目的になっているケースも少なからずも見受けられます。手段と目的が逆転しており、その先の協業の機会を全く考えていないため、エストニア人から煙たがられてしまうのです。

一方で、日本からはMistletoe楽天など、実際の投資や協業に結びついている例があり、彼ら自身はエストニアスタートアップとも良好な関係を築いています。例えば今回登壇していただくLift99は、Mistletoeからの出資を受けています。

このように実際にビジネスに結びついているケースがあるからこそ、エストニアスタートアップは日本企業との協業に可能性を見出しているのです。

 

こんな方にオススメ!

  • エストニアのスタートアップは気になるけど、現地に行く時間がない
  • 言語が障壁となりビジネスモデルの理解が進まない
  • 現地企業に勤めるエストニア人の生の声を聞き、自らのビジネスに活かしたい
  • 将来的にエストニアで働いてみたいけど、ビザのシステムや現地での労働環境が分からない  

 

購入方法は?

限定30席のチケットはPeatixからご購入いただけます。今後購入予定の方を含めると、既に残席が10数席となっておりますので、ご関心がある方はぜひお早めにご購入ください。

▼購入はこちらから▼

https://estonia-virtual-startup-tour.peatix.com/view

では、皆さんと会場でお会いできることを楽しみにしています!